ホーム > @仮想通貨 > 仮想通貨 税金の損益通算は自分でできるのか?

仮想通貨 税金の損益通算は自分でできるのか?

ここ2から3年で一気に仮想通貨が流行りだしてきました。今の現状がバブルだと言う人もいればまだ上がるという人もいますが、その結果は後になってみないと何とも言えません。その仮想通貨で儲けが出れば税金計算をして申告しなければなりませんが、これが意外と面倒くさく法制度の整備を急いで頂きたいと思っている方も多くいるはずです。


まず面倒くさい要素の最たるものは損益通算です。損益通算とは例えば不動産投資や株式投資に譲渡所得などで損失が出た場合に、利益から損失を差し引いた額を確定申告するものです。仮に損失がなければ全く問題はありませんが、そんな事は滅多にありませんし、損益通算をしなければ多く税金を納める事になりますので節税という観点で是非知っておきたいワードです。


その処理は煩わしく売買を記録しておかなければなりません。仮想通貨の場合、そのほとんどが売買の履歴をとる事ができますので、それによって抽出できますが複数の取引所を使っている場合には合算してあげる必要があります。取引が少ないうちは何とかなりますが、売買が頻繁に、そして取引額が大きくなってくると作業だけで莫大な日数がかかりますのでそうなってきたら税理士にお願いするというのも一つの手です。費用対効果ではありませんが税理士にお願いすれば正確な数値を算出できますし、その煩わしい作業を一任する事でその時間を有効的に活用する事ができるからです。もちろん税務に強くなるという意味では自分でやっておいて損はありません。



キーワード