ホーム > @仮想通貨 > 仮想通貨の税金 サラリーマンは?

仮想通貨の税金 サラリーマンは?

近年世界中で注目されているのが仮想通貨で、日本でも多くの人が興味を持っています。仮想通貨とはインターネット上で使用することができる通貨です。国境も関係なく、世界中で使用することができることで海外への送金なども低コストで可能できることなど便利性の高いものとして注目されています。それは管理する団体がないのでコストが削減できることにあります。


資産運用となることもメリットとしてあります。仮想通貨の価値が上がることで資産運用手段として利益を得ている方も増加していますが、この取引で得られた利益には税金がかかります。仮想通貨を売却したり、商品を購入したり、交換したりした時に出た利益に対しては課税があるのです。利益から必要経費を取り除いた部分が所得となりそれに対しての税金です。


サラリーマンなどの給与所得者は、給与以外の所得が20万円を超えると確定申告が必要になります。お給料以外での収入を得るために副業として仮想通貨をやり始めている方も増えていますが、きちんと確定申告し決まった税金を払わなければ脱税ということになってしまうのです。それを怠ると延納金を上乗せされて請求がくるということも知っておくべきことです。


初めてばかりの方は税理士さんや税務署の方に相談して間違いのない納税をしていくことで、次の年からスムーズな申告が出来るようになるのが良い方法です。資産運用や、副収入のために仮想通貨を利用することは良い方法ですが、税金についての知識を持ってその義務を果たしながら行っていくことが大切です。



キーワード