ホーム > @仮想通貨 > 仮想通貨の税金 海外は?

仮想通貨の税金 海外は?

仮想通貨の税金ですが、海外でかかる所と掛からない所があります。また日本に比べても海外は税金が安い場合が多く、今現在の税金の比率で見ると日本が一番税金が高いと言っても良いでしょう。


日本は税金の高さから売買が活発に行われているという事もできない状態が続いており、海外に比べると仮想通貨のやりとり自体が鈍化していると言えます。海外は税金が安かったり、掛からない所が多いので仮想通貨の売買をいくら行ってもトレードで損をする事が少ないので、儲けを出すことも日本に比べると簡単に出来るようになっています。


もちろん全ての海外が同じという訳ではありませんが、仮想通貨の売買をするなら日本よりは税金を考えると有利な立場でトレードする事が出来るので、海外のトレーダーが多く増えてきているのも事実です。仮想通貨の時価総額の推移を見てもそれは顕著にあらわれており、段々と日本から海外に向けて仮想通貨の市場が流れている事が明らかです。これからも海外が仮想通貨の税金を安くする状況が続くと市場は日本主体ではなく、海外が主体になる事が予想されており、日本のトレーダーも海外に移住をするなども考えられます。


そこまで短期間ではなる事はないかもしれませんが、この状況が続くと市場の縮小にも繋がりかねませんので、今後の税金の制度についての抜本的な改革が期待されています。もちろん私自身もこの状況が続くようなら海外への移住を考えている状態です。



キーワード